top_img

Ethernet systm board [イーサーネットシステムボード]

Board_Top03Board_Top02

CPUにPIC18F67J60 を使用した Ethernet system board です。

TCPプロトコルで内部にコマンドを組み込んであり、アプリケーションソフトから

制御ができるようになっています。

コネクタ用穴を2.54mmピッチで50ピン配置(内10ピンは電源用)

ユニバーサル基板をコネクタで積み重ねることが容易です。

 

IPアドレス、MACアドレスなどがブラウザで変更可能。DHCPサーバーから

自動割り付けもOKです。

・電源 : DC5V Φ2.1mmDCジャックより供給、内部3.3V

・I/O : デジタル出力 19点、デジタル入力 6点、アナログ入力 3点

・サイズ(mm) : 81 X 46

取扱説明書、寸法図、回路図 ・・・ ダウンロードページ

 

【コントロールソフト】

Ethernet0001 起動したソフトにEthernet system board のIPアドレスを

指定し、接続ボタンをクリック。正しく接続されていれば「接続中」に変化します。

Ethernet0002

 

表の中の「送信」列の希望のポートを指定すると矢印が移動します。ここで送信コマンドを

指定します。

Ethernet0003 「送信」列を指定し、たとえば左のように「RF7」のポート出力を

出したい時は、「7-0」の緑の玉をクリックすると赤の↑青の↓に変わりますので、ここでHi/Loを

指定します。

Ethernet0004 送信ポートと各ビットのHi/Loをセットしたら、「コマンド送信」

ボタンをクリックします。

これでEthernet system boardへコマンド送信され指定した動作が行われます。この場合は

RF7ポートの各ビットがHi/Loにセットされます。

Ethernet0005 左はAN2のA/D変換入力を読み取ります。

この場合、入力なのでポート指定のみになり、「送信」の矢印をAN2に移動して

「コマンド送信」ボタンをクリック。表の右端の「数値(HEX)」欄にAN2の電圧値が

16進で数値表示されます。A/D入力は10Bitの分解能があります。[0 -3FF]

A/D入力値は0VからIC電源電圧(3.3V)が直接読み取り可能です。

Ethernet0006 左はRB5のデジタル入力を表示しています。

これも入力なので「送信」の矢印をRB5に移動して「コマンド送信」ボタンをクリックします。

結果は「7 – 0」のBitで表示されます。

 

このソフトとEthernet system boardを利用して、既存の装置などの状態

(スイッチ状態や電圧状態)を監視しスイッチのON/OFFをすることも可能です。

Ethernet system board control ・・・ ダウンロードページ

  
ショッピング

ソリューション画像






リンクサイト
筆のこころ
UBS26GW_COM_Baner01
2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

訪問者数

  • 48640総訪問者数:
  • 14今日の訪問者数:
  • 16昨日の訪問者数:
  • 0オンライン中の人数:

Architect [アーキテクト]

〒943-0894

新潟県上越市上昭和町10-12

TEL 025-523-9565

FAX 025-523-9565