top_img

ラジコンサーボモーター制御基板

TS3K0010
【基本動作仕様】  ラジコン用サーボモーターのコントロールを行う目的の製品です。制御基板は2つのスイッチ(接点)のハイ/ローの組み合わせを検知して、予定のモーターの動作を行う様にプログラムすることが可能となっています。
ProductSpec

 

【標準モーター動作シーケンス】
モーター制御切り替えジャンパソケットにて制御モードを切り替え可能にしている。
1.One スイッチモード
Motor_position1
1.SW1 ONでサーボモーターをA点から90度回転してB点で停止。
2.B点ではサーボモーター制御状態を維持。
3.SW1 OFFでサーボーモーターをB点から-90度回転してA点へ戻す。
4.A点ではモーター制御はせず、モーターの電源はOFF。
2.Two スイッチモード
 Motor_position2
A動作 1.SW1 ONでサーボモーターをO点から45度回転してA点で停止。
2.A点ではサーボモーター制御状態を維持。
3.SW1 OFFでサーボーモーターをA点から-45度回転してO点へ戻す。
4.O点ではモーター制御継続し、モーターの電源はON、パルス出力。
B動作 1.SW2 ONでサーボモーターをO点から-45度回転してB点で停止。
2.B点ではサーボモーター制御状態を維持。
3.SW2 OFFでサーボーモーターをB点から45度回転してO点へ戻す。
4.O点ではモーター制御継続し、モーターの電源はON、パルス出力。
C動作 1.SW1 SW2 ともにONでサーボモーターをO点へ戻し、電源はONを維持。
2.SW1 SW2 ともにOFFでサーボモーターをO点へ戻し、電源はONを維持。
【端子、インジケーター】
BoardInfo
【スイッチモード切替】
SwMode01 SwMode02
【異常警告機能】 レギュレーターには状態監視機能があり状態が異常な場合LED(赤)を点灯します。次の状態のときLEDを点灯します。
・出力電圧が出力電圧設定値の85%以下、115%以上の場合
・入力電圧が低電圧状態の場合
・過電流を検出時
・内部半導体のチップ温度が145℃を超過している場合ただし、異常警告LED(赤)の切離しジャンパソケットを外している場合は上記の場合でもLEDは点灯致しません。
【異常警告LED(赤)切離し】  異常警告LEDの点灯を強制的にOFFします。レギュレーターからサーボモーターへの電源供給OFF時にも点灯するためその時に電流消費をカット出来ます。
Jp02
【基板寸法図】
BoardSize
 【ラジコンサーボモーター制御基板】
価格 ¥5,000

送料 ¥350





  
ショッピング

ソリューション画像






リンクサイト
筆のこころ
UBS26GW_COM_Baner01
2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

訪問者数

  • 48640総訪問者数:
  • 14今日の訪問者数:
  • 16昨日の訪問者数:
  • 0オンライン中の人数:

Architect [アーキテクト]

〒943-0894

新潟県上越市上昭和町10-12

TEL 025-523-9565

FAX 025-523-9565