top_img

ハイ・コンセプト 「新しいこと」を考え出す人の時代

 

仕様書を読んで作れるお決まりの物作りじゃ途上国の若い技術者に取って代わられる事は間違いないだろう。自分の開発に対するコンセプトだけはしっかり持っていないといけない。

左脳から右脳の活動時期に自分自身来ていると思っているのだが・・・

DCF_0004.JPG

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

組み込み系の開発をやってますが、仕様書すら満足に読んでない奴が多々います。
チップメーカーから貰ったコードを中身もよく確認せずに、立ち上がったからOKだとか。
トラ技レベルだとそれでいいかも知れませんが、開発終盤で地雷爆発となります。

Club UBS ではいつもお世話になっております。
仕様書を読まないのは、まだまだ修羅場をくぐっていない証拠かもしれませんね。
メーカーの物だからと安心出来ないなぁ~と疑い、ア○リカ製だからなぁ~と
納得することあります。
しかしそう言う自分も最近は根気が無くなってきました・・・ツールが昔より
便利になってて。

コメントする

ショッピング

ソリューション画像






リンクサイト
筆のこころ
UBS26GW_COM_Baner01
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

訪問者数

  • 50169総訪問者数:
  • 12今日の訪問者数:
  • 34昨日の訪問者数:
  • 0オンライン中の人数:

Architect [アーキテクト]

〒943-0894

新潟県上越市上昭和町10-12

TEL 025-523-9565

FAX 025-523-9565