top_img

blog

やっとホイール到着。タイヤも変えたいところだけど、しばらくこれで行きます。

LEDヘッドライトは発熱が少ないので、雪が降った時のヘッドライトへの付着が、どうなるのか確認。

やはり付着したまま溶けない
中心までびっしり雪が付着している
けっこう厚くくっ付いている感じ

ベッドライトウォッシャーは、ハロゲンライトの時はあまり必要に感じなかったが、LEDランプの場合、雪の日必需品のように感じています。かなり明るさが、雪によって遮られている様。

ミッションオイルに続いてリアのディファレンシャルのオイルを交換。
リアデフにはLSDが装着されているので、それ用のオイルを用意。

規定の容量は1.3L。100均で購入した容器に規定量のオイルを入れてドリルポンプで注入します。

フィラー(注入口)からオイルがこぼれたら終了。1.3Lだとギリギリ溢れる前かもしれません。

cof

交換したオイルは金属粉でギラギラしています。

これで、本格的なスノーシーズン前の予定作業は完了。春になったら今度はトランスファーとフロントデフのオイル交換をしたいと思います。

11月10日から走り出して、1730Kmでミッションオイル交換。1.2Lの容量。エルフ(ELF) ギアオイル 75W 1L ELF HTX-740を2本購入。

使用オイル

HTX-740
ドレインボルト外したところ

ミッションオイル抜き

天候は雪でしたが、少し走った後、1時間弱放置してオイルの温度下げて作業開始。

上がフィラー(入口)、下がドレイン(出口)
ドレイン
抜き取ったオイル

ドレインボルトの磁石には山のように鉄粉が付着している。

鉄粉を除去

これでミッションのフィーリングますます良くなってくれると良いんだが。

交換アイテムの一つを完了してひとまずは安心。

Bighorn とお別れ
11年間楽しく付き合えました。いろいろ整備させて頂き、大変勉強(教材)になった自動車でした。部品が高価(単に高いだけだと思う)なのが玉にキズです。圧倒的なパワーは今も憧れです。別な地で活躍してくれることを願います。

変わってこれからお付き合いいただく新顔のJimny。うちに来て2週間経ちました。なかなかいい感じで、今は軽自動車で十分という感じ。遠出するにも苦にならない。まずは雪道で試したいと思います。

3500cc 230馬力 から 660cc 64馬力。しかし、Non LSD から ブレーキLSD + 機械式LSD に。悪路がたのしみ。
基本のんびり行きます。

お疲れ様!

よろしく!

CADの印刷が一部出来なくなっていて困っていました。

セキュリティー更新プログラム

KB4284835

最近実施されたものだと思いますが

この更新プログラムをアンインストールしたら

正常に印刷できるようになりました。

もっと検証してからUpdateを実施してほしいものです。

ホンダのライフで使っていたスタットレスタイヤです。(155 / 65R13)

今年3シーズン目位とおもいます。

取りに来ていただける方に限ります。

新潟県上越市上昭和町になります。

2008年の今頃、運転席側のウインドのガラスが可動部から外れてしまった。

今回は同じ現象が助手席側で発生。

壊れた部品は同じところだったので、今回は3Dプリンタで部品を作って

対応することにした。

破損部品と製作した部品破損部品と3Dプリンタで製作した部品

4mmの隙間を作ったが精度がそれほどよく無いのでもう1mm位大きくてよい。隙間をちょっとグラインダで削った。

取り付け1

取り付け2取り付け部分

隙間にはガラスが挟まるが、固定するために硬化するシリコンゴムを塗っておく。

元の固定部

元の固定部分。ゴムのようなもので固定してある。(してあった。今は外れている)

窓固定1

窓固定

窓固定2

部品を固定しているボルトはΦ6mmです。スパナなどは入らないので

取り外しは厄介。修正後はプラスのネジに変更しました。

あとは、シリコンゴムが乾くのを待ちます。

 

その後

2018年5月にまた助手席側の窓が外れました。

3Dプリンタで作った部品が変形しています。

自動車部品は熱に強い部品が必要だと、改めて感じました。

アルミのL型フレームを組み合わせて同じような形を作って

取り付けることにしました。(以前にも同様の修理あり。)

新車で初のオイル交換。走行距離1200km。

結構汚れてる感じ。最初は早めに交換したいですね。

抜いたオイル

ブルーベリーに色がついてそろそろ収穫時期になりそうです。

実の部分も結構大きい感じがします。味は・・・まだ確認していません。

ショッピング

ソリューション画像






リンクサイト
筆のこころ
UBS26GW_COM_Baner01
2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

訪問者数

  • 76920総訪問者数:
  • 10今日の訪問者数:
  • 43昨日の訪問者数:
  • 0オンライン中の人数:

Architect [アーキテクト]

〒943-0894

新潟県上越市上昭和町10-12

TEL 025-523-9565

FAX 025-523-9565