top_img

USB 矩形波発振器 PICモジュール Ver.2

 弊社USB 矩形波発振器 PICモジュールは初期状態では弊社設定のプログラムで動作しておりますが、簡単に内蔵プログラムの書き換えが可能です。基板にはMicrochip Technology社のデバッグツールであるICD2などの接続用端子ICSPを装備しています。ハードウェアがお客様の仕様に合えば別なプログラムを 書き込んで動作させる事も可能となります。また、弊社のWebサイトに購入頂いたPICプログラムデータをアップロードしてありますので、ここからデータ をダウンロードして頂き再び元の機能へ戻す事も簡単になっております。[USB 矩形波発振器 PICモジュール Ver.2 概要]PIC18F2550 (28ピンフラットパッケージ)を専用基板に実装し、X’tal 20MHzとPICのCCP1出力にトランジスタを接続してあります。出力方法をジャンパピンの差し替えで、エミッタフォロワーとオープンコレクタを選択できます。[旧バージョンではエミッタフォロワー出力のみ]また今回のVer.2ではRS-232C通信用ハードウェアドライバも搭載しており、外部のRS-232Cインターフェースへ直接接続可能です。[RS-232C用通信ファームウェアは別途必要、発振器ファームには搭載していません]

USBを使ってパソコンとのデータ通信が可能です。専用デバイスドライバをパソコン側にインストールする事でパソコンからシリアルポートを経由した通信として認識されます。
[特徴]

  • 28ピンフラットパーケージであるPIC18F2550の端子を600mil(15.24mm)幅の端子(2.54ピッチ)に変換。(ただし、X’talの接続端子は配線していません)
  • USBからの電源供給可能。
  • USBを使用しないときには信号ライン切り離し可能。
  • USB以外に外部電源供給端子を用意。
  • 基板外形、50mm X 30mm(コネクタ部分除く)。
  • PICプログラムのデバッグ用にICSP端子を用意。ICD2などでプログラムの書き換えが可能。
  • PICシリアル通信端子を基板搭載のRS-232Cドライバへ接続。外部のRS-232Cへ直接接続可能。(ファームウェアは別途製作が必要)
  • 発振出力をトランジスタドライブし、出力をジャンパピンでエミッタフォロワとオープンコレクタに切り替えが可能。

注)製品の改良などの要因で機能、形状、価格などを予告無く変更する場合が御座いますのでご了承下さい。

本モジュールを使用した応用回路の開発、その専用ファームウェア(PICソフトウェア)・制御ソフトウェア(Windowsソフトウェア)の開発も承ります。お問い合わせ下さい。


USB_OSC_01_説明追加 USB_OSC_H_Size

 

USB_OSC_S_Size

JP3は電源切り替えのジャンパピンです。画像(初期状態)はUSBから+5Vを供給しています。裏面のUSB +D、-D端子も接続しています。(切り離し可能)

Power_JP 電源供給用ジャンパピンの設定
Tr_JP PWM 出力 トランジスタ設定
【エミッタフォロワタイプでの使用例】
Speaker_Drive
スピーカーを接続する場合など。
また、外部回路へのパルス供給もこの設定で可能です。
【オープンコレクタタイプでの使用例】
LED_Drive
LEDランプを接続する場合など。
また、外部回路入力がプルアップされている場合はこの設定が使えます。
【USB OSC Ver2 回路図】・・・ダウンロードページ

【USB 矩形波発振器 PICモジュール デバイスドライバ】・・・ダウンロードページ

【矩形波発振器コントロール Ver.200 (USB Osillator)】・・・ダウンロードページ

 

 

【USB矩形波発振器を使ったパソコン用プログラムの概要と出力波形】

本ソフトウェアをパソコンにインストールし起動する事により、USB 矩形波発振器 PICモジュールをコントロールしモジュール基板の[OUT]と[GND]端子間に矩形波[方形波]が出力させます。

portset

device

矩形波発振器プログラムの

[設定]-[ポート設定]を

Windowsの

[コントロールパネル]-[システム]-[ハードウェア]タブ-[デバイスマネージャ]を開き、[ポート(COMとLPT)]を展開し、同じポート番号を設定します。

OSC0001

 

「出力開始」ボタン、「出力停止」ボタンで指定した波形を出力したり
停止したり出来ます。【オープンコレクタ出力でLED点灯の例】条件

 

-- 周波数 50Hz 固定 --

デューティー 50% の時

TS3K0007 TS3K0008

 

デューティー20%の時

TS3K0009 TS3K0010

 

デューティー5%の時

TS3K0011 TS3K0012

 

出力波形がLoレベルの時にLEDを点灯させています。デューティーが少なくなると
点灯時間が少なくなります。したがって暗くなります。

【USB 矩形波発振器コマンド資料】・・・ダウンロードページ

【USB 矩形波発振器 PICモジュール Ver.2】

価格 ¥3,360

送料 ¥350


28ピンヘッダー



  
ショッピング

ソリューション画像






リンクサイト
筆のこころ
UBS26GW_COM_Baner01
2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

訪問者数

  • 48640総訪問者数:
  • 14今日の訪問者数:
  • 16昨日の訪問者数:
  • 0オンライン中の人数:

Architect [アーキテクト]

〒943-0894

新潟県上越市上昭和町10-12

TEL 025-523-9565

FAX 025-523-9565